台風

台風はどっかいったかな?

 

どーも、ひちょりです

 

長寿台風も温帯低気圧に退化したようだな

台風といえば新潟県はことごとくその進路から外れてきた

 

たまに直撃の予報がでてもしれっと回避する

本当に直撃コースでも今回みたいにそんなに威力がない

集中豪雨の方が被害がでたりする

 

 

台風で被害を被ったって記憶みなさんあります?

 

僕の中での台風の被害

というか印象に残っている台風があるのですが

 

あれは僕が小学生2年の夏

夏休みが始まって間もなく

僕は喘息で入院しました

 

夜中に発作が起きて緊急外来に行ったら即入院

吸入して点滴打ったら楽になったのですが約2週間ベッドで安静にしていなければなりませんでした

 

発作が収まったのだから帰してくれよ

 

と心の中で思ったのと実際に担当医に言ってみたのですが却下されまして

小学生にとっての貴重な夏休みの時間をごっそりベッドの上で過ごすという苦痛を味わった訳です

 

個人的には元気なのに外にも出れないし走れもしない

しかも入院していたのは旧日赤病院

現在、大手大橋西詰にあるウオロクの場所にあった病院

 

 

当日、子供ながらに古くて怖い印象を持っていたのでそれもただただイヤでした

なんであるのかわからないけど児童文庫の棚に怖い話とかあんの

んでやめりゃーいーのに読んじゃうのよ

 

 

あー怖かった

 

どんなものにも終わりがあるもので

 

約2週間たったある日

 

退院許可がついに出ました

 

 

待ちに待った退院のその日

長岡には台風がやってきていました

 

病院から家へ帰る途中のタクシーの中で吹っ飛んでいる発泡スチロールを今でも覚えている

小学2年の子供ですから宙を舞う発泡スチロールを見ても

「わーすごーい♪」くらいなもんで、間違っても

「風、やべぇ…」なんて不安や恐怖は皆無でした

 

そんな中、家に帰ったらそこには衝撃の映像が

 

 

 

 

 

 

なんと姉と妹が家の前で台風の強風の中、遊んでいたのだ

「きゃー風つよーい!!」みたいな感じで

 

 

 

 

 

「お母さん!!僕も遊びたい!!!」

ダメです

 

 

当たり前ですよね

今のいままで喘息で入院していた奴が台風の中で遊ばせてもらえる訳がない

 

しかし今までの鬱憤がたまっていた僕はどうしても引き下がれずなんとか粘ってみた

そしたらちょっとだけ外にだしてもらった

少しだけ走った

大丈夫だった。発作は起きなかった

 

 

その時は…

 

 

 

はい。夜にまた発作が起きて緊急外来からの入院コンボです

結果的にその年の夏休みの大半は古くて怖い病院で過ごすことになってしまったのでした

別に台風は悪くないんですけどね

 

強いて言えば僕の気持ちも考えずに無邪気に遊んでいたのだ姉と妹が悪いと思う

ちなみにですが毎日、病院食でなんとも言えない物足りなさを感じていて

入院中「カレー食べたいなぁ」と思っていたのですがなかなかありつけず

 

 

こんな些細な願いもかなわないなんて…と絶望していたのですが

退院の日に出てきました

 

でも退院するから食べれませんでした

以上。僕の台風にまつわる思いででした

 

 

 

まったねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です