「こわいものみたさ」

いやー寝過ぎることってありますよね

 

どーも、ひちょりです

 

先日の話です

仮眠しようと思って21時前に布団に入って意識を取り戻したのは朝の6時でした

 

 

映画館に行って来ました

【IT それが見えたら終わり】

というホラー映画を

 

怖いの苦手なんですが予告を見て

「怖そうだけど面白そう」と思ったので観に行きたいと思ったはいいけとやっぱり怖い

 

ので、ASKメンバーのえいちゃん(井熊)と観に行ってきました

えいちゃん怖いの好きだったよーな気がすると思って誘ったら彼女も怖いの苦手だった

 

けど人と一緒なら見れます!とのことだったので決行

 

なんで好きだと思ってたのか考えてみたら好きなの怖いのじゃなくて辛いのだ

辛いのと怖いの混同してたわ。まぁ僕はどっちも苦手なんでだけどね

 

 

まぁそんなこんなで行って来ました映画館!

 

感想を簡単に説明すると怖かったけど面白かった!

事細かに書くとネタバレになるからやめとこう!けどあのシーンとかあのシーンとか怖かった!けど面白かった!!

 

 

 

はい。なんかバカみたいな感想になってしまったのでざっくりあらすじ説明しますね

物語の冒頭、雨の日に少年がお兄ちゃんに作ってもらった船で遊んでいると船が排水溝の中に落ちてしまう

it

中を覗くと

it

なんかいた

 

無垢な少年は聞きます、なんでそんな所にいるの?

ピエロは答えます、大雨でサーカスごと流されちまったのさ

少年が帰ろうとするとピエロは船はいらないの?さぁお取りと言い、少年が手を伸ばすと…

 

案の定なかに引きずり込まれるかと思いきや衝撃の展開が!!

 

まぁ引きずり込まれるのはそうなんだけどね、うん。これは見てみてビックリしてほしい

てゆーか、大人でも入れちゃいそうな排水溝がまんまあるって物理的に怖いよね

 

はい。このピエロが子供をさらっちゃうんですよ、それはもう次から次へと

しかもこのピエロは恐怖そのものともいえる存在でお化けとも違う、けど人間ではない

不可思議な存在、故に子供が見る彼の姿は必ずしもピエロではない

その子供が1番怖いと思うものの姿であらわれる

でも本体はピエロ、しかも不可思議な存在だから割とどこにでもあらわれる

昼間でもあらわれる(昼間はやめてよって思った)

ってゆー恐怖の存在

 

そんな恐怖に子供たちが団結して立ち向かうお話です

 

 

なぜ立ち向かうか

子供だからじゃないでしょうか

無鉄砲って意味ではなく、立ち向かって解決しなければ自分達も消えてしまうから

大人と違って自分達で町を去ることは出来ないから

 

でも1番の理由は友達がいたから

 

じゃないかな、と僕は思います

 

 

1人では無理でも友達がいたから立ち向かおうと思えたはず

そんな少年たちの一夏の恐怖団結体験映画

それが【IT それが見えたら終わり】です

 

まだ公開してるのかな?

してなかったらレンタルで見てみてください

オススメです

エンドロール後もオススメです

衝撃の事実

 

 

まったねー

ひちょり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です